美容効果も期待できる

フコイダンには、食事による摂取化粧品のようにお肌に塗るという使用方法があります。食事による摂取では、海藻類、昆布やワカメ、モズクを料理にまぜて食べるという方法か、もしくはサプリメントで摂取するという方法が考えられます。いずれにせよ経口摂取の場合にはアンチエイジング効果ダイエット効果、整腸効果が期待でき、健康だけでなく美容においても高い効果が期待できます。

フコイダンは老化の原因とされている活性酸素の生成を抑制させる効果が期待でき、これがアンチエイジング効果を引き出すとされています。整腸効果については、フコイダンの特徴でもある水溶性の食物繊維が効果を発揮することになります。お通じがよくなることは美容にも非常に重要で、身体とお肌の調子を整えてくれることにつながります。

フコイダンは現在、基礎化粧品にも配合されており、持ち前の保湿効果によって美容に役立っています。美容液や乳液などにも配合されており、お肌の水分量を一定に保てるようになっています。

多くの研究や実験によってもデータの裏付けが取れていて、確かな効果が期待できるという点も、フコイダンの魅力と言えるでしょう。健康効果に美容効果、幅広く実用化されているのがフコイダンなのです。

フコイダンの健康効果

フコイダンには具体的に、免疫力の向上や胃を丈夫にする効果抗アレルギー効果や肝機能向上といった健康効果が期待できます。

人にはあらかじめ免疫の役割を担うNK細胞やマクロファージといった成分がありますが、フコイダンはこれらの免疫細胞を活性化させる力を持っています。これは動物実験だけでなく、人体においても結果が得られており、特にガゴメ昆布由来のフコイダンは強い活性効果がもたらされることが分かっています。

また、フコイダンにはダイエット効果が期待できることも分かっています。血中のコレステロール、中性脂肪値を下げる効果があり、これにはフコイダンが持っている水溶性の食物繊維が関係しています。食物繊維がコレステロールや中性脂肪を吸着して、便と共に体外へと排出してくれるため、過食によって取り過ぎてしまった脂肪分を吸収し過ぎることを防いでくれるのです。

美容のためにダイエットをしている方も、健康のために取り組んでいる方にも、フコイダンは優秀な成分であると言えるでしょう。比較的、古くから研究され続けているということもあり、フコイダンの有用性についてはデータによる裏付けがなされており、期待できる効果について信頼できるのも、この成分が愛され続けている理由です。

フコイダンってなに?

1913年にスウェーデンの学者によって発見されたフコイダンはサプリメントとして販売されています。その成分が持つ力が健康や美容に役立てられていますが、一体どのような効果があるのでしょうか。フコイダンは、ワカメや昆布などの海藻類によくみられる、あのネバネバした成分に多く含まれています。より正確に言うならば、そのネバネバに多く含まれる粘質多糖類の一種とされています。

モズクに多く含まれることが分かっており、ヒトが摂取すると様々な健康効果や美容効果が期待できることも分かっています。モズクや海藻類はただ漠然と「体に良い」というわけではなく、はっきりと医学的な裏付けもあるわけです。

海藻類が持つヌメリ成分は、海藻が自身の組織を守るために作り出していることが分かっています。外部から受ける衝撃は組織を傷つけることになりますが、それを防御するためにフコイダンを分泌し、それによって自分を守っているのです。

またフコイダンは防御以外にも、傷ついた自分の組織を修復するという役割を担っており、厳しい自然の中で生きていくために必要な成分となっています。人がフコイダンを摂取すると、これらの役割をそのまま発揮することになり、細菌やウイルスなどに対する免疫力が向上したり、人間が本来持っている自然治癒力を回復させたりといった健康効果が期待できます。ですから、ワカメや昆布、メカブは健康のためにも積極的に食事に取り入れていきたいところです。